ななしの記録ログ。

時差半年の片思いをひたすらつづる、自分用記録若しくは記憶ログ。

Free!(アニメ1期&2期・CD関係一部)

2017年 6月 7日
Free!(アニメ1期&2期・CD関係) 1回目

あらすじ
「七瀬遙」は、「水」にふれること――「泳ぐこと」が好きだった。
小学生のころ、同じスイミングクラブに通っていた「七瀬遙」「橘真琴」「松岡凛」「葉月渚」
彼らは、小学校卒業前の大会での優勝を最後に、違う道へと進んでいく。
やがて時が経ち、高校生活を無為に過ごしていた遙の前に、突然、凛が現れる。
遙に勝負を挑み、圧倒的な強さを見せる凛。このままでは終われない。
そして、真琴と渚が再び集い、新たに「竜ヶ崎怜」を引き込んで、岩鳶高校水泳部を設立。
遙、真琴、渚、怜、そして、凛。
これは、躍動感あふれる男子高校生たちの、水泳と青春と絆の物語――

キャスト
原案 - おおじこうじ『ハイ☆スピード!』(KAエスマ文庫/京都アニメーション
監督 - 内海紘子
シリーズ構成 - 横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督 - 西屋太志
音楽 - 加藤達也
企画プロデューサー - 八田英明
プロデューサー - 八田真一郎、中村伸一、斎藤滋、西出将之
アニメーション制作 - 京都アニメーションアニメーションDo

島崎信長鈴木達央代永翼平川大輔
宮野真守宮田幸季細谷佳正、津田健二郎、鈴村健一
ほか

アニメ感想

  • お目当は鈴木達央さん
  • 原案未読
  • 満足:★★★
  • オススメ:★★★
  • 放送当時は1話でリタイアしてたなぁ
  • 理由は、その時期にはアニメあんまり観なくなってたのと、なんかいかにも狙いすぎな感じがしたことと、達央さんのキャラが優しすぎて違和感すごかったことw
  • 最近暇してたので声優系に戻って色々見ていた途中フリー!のイベントが楽しかったので本編も見た
  • 一期、二期3日かけて視聴
  • イベントの振り返りコーナー見て思ってたよりスポ根してなかった。なんかあっさりしてたのでちょっとがっかりした。
  • 青春と友情の話としては良かったよ~
  • ちょっと気になったのは、「リレー」を一回しただけ、見ただけでみんながみんな感動してハマるというのがちょっと納得できなかったこと。なんか駆け足気味で描写足りない感じ。
  • 2期においてのはるかの悩みも簡単に解決されてて物足りなかったよぉ……
  • 相変わらず、優しい達央さんの声違和感満載だったけど、2話あたりから慣れてすごく可愛く感じた。
  • こちゃんマジ天使。うちに欲しい。ヘタレな声も可愛いんだよね…こんなキャラもっとこないかな。てか、もうあるのかな。なんか達央さんアニメ出演増えたの私が声優卒業したあとだから把握してない・・・
  • 凛がヒロインすぎた。はるかでしょ?あいちゃんでしょ?宗介でしょ?人気あるね!良かったね!
  • 映像は綺麗で、水の瑞々しいが美しく、キャラもみんな可愛くてそれだけでも楽しかった
  • 好きなキャラはまこちゃんとあいちゃんと宗介。苦労人好きw この3人の絡み欲しかったな〜
  • 劇場版どうしようかな

CD関係感想

  • 真琴キャラソン(無印&ES):こんな可愛らしい声の達央さんの歌が聞けるだけでうれしい。曲は一目惚れというよりはスルメな感じで好きになった。
  • はるまこデュエット:ふたりとも可愛い歌声だな~。爽やかだな~
  • DJCD1:【信長&達央+宮野】楽しかった。口説き対決w おい公式よしっかりしろ
  • DJCD2:【信長&達央+宮野・代永・平川】内容が何一つ頭の中に残ってない。5人はちょっと多いのね。特に宮野さんと達央さんと代永くんがいるのに5人が多いよねw
  • ES DJCD1:【信長+代永・平川】達央さん出てないんだよね!しくじった!と思ったが、達央さん率高い内容で笑った。あと、私代永くん好きになったかもしれん。
  • ES DJCD2:【信長+細谷・宮野・達央】爆笑しすぎてもう何がなんだか。突然の凛とまこちゃんのコント(?)がちょっとおふざけ入っててウ腐腐なお姉さま方大喜びの展開になるところでばっさり切っちゃう信長くんにツボった。
  • いや~ 今まであまりイメージなかったけど、宮野さんと達央さんのコンビむちゃくちゃで面白いな。共演のイベントかラジオ探してみよーっと。
  • 岩鳶日誌1&2:期待してたより面白くなかった。渚と似鳥無双だった。
  • 合同日誌1:寒い寒いいうまこちゃんが可愛かった。凛×猫×まこちゃん何それ可愛い。モモちゃん無双すぎた、あいちゃんガンバ!
  • 合同日誌2:受験応援で愛されまこちゃんほのぼのでした。モモちゃん無双相変わらず。とある冬の日の偶然もよかったし、最後のもほのぼの。

SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~

2017年 6月 1日
SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~ 1回目

あらすじ
音楽都市『MIDI CITY』。
弱小音楽事務所BRR (BANDED ROCKING RECORDS)に所属する【シンガンクリムゾンズ】は、事務所の社長である【有栖川メイプル】が作った多額の借金を返済するため、莫大な優勝賞金を得られるという【King of MIDI CITYLive Festival】に参加することになる。
根拠は無いが絶大な自信で、優勝するつもり満々のシンガンクリムゾンズだったが、MIDI CITYで人気絶頂のアイドルバンド【トライクロニカ】までもが参加表明したことで雲行きは怪しくなる。シンガンクリムゾンズはフェスで優勝を目指し、最強の音楽を創り出すため、地獄?の合宿へ向かう。
一方、優勝候補トライクロニカのカリスマアイドル☆ヴォーカリスト【シュウ☆ゾー】に、謎の男が忍び寄る…。

シンガンクリムゾンズVSトライクロニカ、男達の真剣勝負の行方は?そして、メイプル社長の作った多額の借金返済の行方は・・・?!
深紅色の堕天革命黙示録の幕が…今、開かれる……ッ!!

キャスト
原作 サンリオ
脚本・演出 福島三郎
トーリー原案 待田堂子

シンガンクリムゾンズ
米原幸佑 as クロウ/輝馬 as アイオーン 鳥越裕貴 as ヤイバ/滝川英治 as ロム

トライクロニカ
三津谷亮 as シュウ☆ゾー 橋本祥平 as リク/月岡弘一 as カイ

ドロップアウト先生
石川誠也 as クワガタツヤ/吉田雄樹 as カブトモアキ/高樹京士郎 as テントウムツミ

野崎数馬 as 有栖川メイプル/木村靖司 as 山之上メフィスト
高木裕和、石丸隆義、丸山泰右、中智紀

  • お目当は橋本祥平くん、米原幸佑くん
  • 原作ゲーム・アニメ知識なし
  • 満足:★★★★
  • オススメ:★★★★
  • あまり期待しないで見たのだが、バカバカしくて楽しかった
  • シュウゾーのうざいくらのキラキラ加減がツボだったw
  • 祥平くんのリクが大変可愛らしかったです。ありがとうございます。出番はお察しください
  • メインの4人のキャラがぶっ飛んでいて面白かった
  • もちろん、ほかのキャラも吹っ飛んでいるけど
  • 歌も悪くなかった。
  • 気軽く見て笑える作品。テーマはまぁ月並みで見終わってから特に感じることもないが、とにかく楽しくてツボった
  • シンガンのファンの名称がまさかの「家畜」
  • 米原くん可愛くてアホらしくて元気いっぱいで可愛かった
  • 輝馬くんの役の子の厨二具合ww
  • 鳥越くんは相変わらずw 面白くて可愛かった
  • 滝川さんお疲れ様ですw いい肉体美でした
  • 三津谷くんのキランキラン楽しかった。ここの三津谷くん好き
  • 祥平くんかわいいまじかわいい
  • 月岡くんは名前知らない人だったけど、特に印象なかった。まあ、リクとカイってそんな出番ないし・・・
  • 特典か本編かでアプリのこと言ってたので、とりあえずゲームをダウンロードして楽しんでます。「あ、きーやんだ」とか思いながら・・・
  • 2作目は、シンガンはそのままだがトライクロニカが全員変わっちゃったので見るの躊躇ってる

おそ松さん on STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~

2017年 6月 2日
おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~ 1回目

あらすじ
「クズでニート」な松野家の6つ子たち。
「どうしたらモテるか?」ただそれだけを追い求めて、6人のショータイムが始まる。
6つ子のクズな日常あり、身長180cm以上のイケメンが揃うF6のクールでクレイジーなライブあり!
舞台になっても変わらずバカな6つ子たちは果たしてニートを卒業することができるのか! ?モテることができるのか! ?

キャスト
演出:小野真一
脚本:伊勢直弘、鹿目由紀、小峯裕之
音楽:橋本由香利
劇中歌プロデュース:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

高崎翔太(おそ松)、柏木佑介(カラ松)、植田圭輔(チョロ松)、北村 諒(一松)、小澤 廉(十四松)、赤澤遼太郎(トド松)
井澤勇貴(【F6】おそ松)、和田雅成(【F6】カラ松)、小野健斗(【F6】チョロ松)、安里勇哉(【F6】一松)、和合真一(【F6】十四松)、中山優貴(【F6】トド松)
酒井蘭(トト子)、村田充(イヤミ)、Kimeru(チビ太)、原勇弥(ハタ坊)

  • お目当は小澤廉くん、柏木佑介くん、井澤勇貴くん、和田雅成くん、小野健斗くん
  • 原作(アニメ)は未視聴。
  • 声優さんのイベントだけ見たことあるけど、そんときからあまり自分好みではなかった・・・ (下ネタ嫌い、キャラたちが気に入らない)
  • 満足:★★
  • オススメ:★★★ (好みによります)
  • 色んなショートストーリーが入っているので、面白いのも多々あったけど、総括で言うなら「私には合っていなかった、残念・・・」
  • ちょっと苦手なキャストが何人かいたのも影響して、ぶっちゃけ最後らへんはスキップしまくっておしまいにした
  • だがしかし、F6の歌が案外と良かった
  • 柏木くん、はくみゅで良かったので、キャスト二番目に名前あるし期待したが、あっ・・・キャラが・・・・・・
  • 色々と特典映像もついていたけど、見るかどうか定かではない

ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭 2016~

2017-05-15
ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭 2016~

あらすじ(ステージナタリーのレポから引用)
三条派vs新撰組刀&蜂須賀虎徹が加州清光を取り合う総力戦

キャスト
演出:茅野イサム
脚本:御笠ノ忠次
振付:本山新之助、TETSUHARU

三日月宗近:黒羽麻璃央
小狐丸:北園涼
石切丸:崎山つばさ
岩融:佐伯大地
今剣:大平峻也
加州清光:佐藤流司
大和守安定:鳥越裕貴
和泉守兼定:有澤樟太郎
堀川国広:小越勇輝
蜂須賀虎徹:高橋健介
長曽祢虎徹:伊万里

武蔵坊弁慶:田中しげ美
源義経:荒木健太朗
源頼朝:奥野正明
藤原泰衡:加古臨王
近藤勇:郷本直也
土方歳三:高木トモユキ
沖田総司栩原楽人
ほか

セトリ(ナタリレポから引用)
1.「刀剣乱舞」(刀剣男士全員)
2.「矛盾という名の蕾」(石切丸、加州清光)
3.「戦うモノの鎮魂歌ーレクイエムー」(石切丸、「幕末天狼傳」刀剣男士)
4.「きらきら」(今剣、大和守安定、和泉守兼定、堀川国広、蜂須賀虎徹、長曽祢虎徹)
5.「名残月」(岩融、加州清光)
6.「爪と牙」(近藤勇土方歳三沖田総司
7.「えおえおあ」(刀剣男士全員)
8.「勝利の旗」(武蔵坊弁慶源義経源頼朝藤原泰衡
9.「Endless Night」(三日月宗近
10.「mistake」(刀剣男士全員)
11.「描いていた未来へ」(「阿津賀志山異聞」刀剣男士)
12.「解けない魔法」(加州清光)
13.「Heart to Heart」(大和守安定、長曽祢虎徹)
14.「プロローグ」(和泉守兼定、蜂須賀虎徹)
15.「美しい悲劇」(加州清光、堀川国広)
16.「Get your Dream」(「幕末天狼傳」刀剣男士)
17.「タカラモノ」(三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣)
18.「Love Story」(「阿津賀志山異聞」刀剣男士)
19.「Signalize」(「幕末天狼傳」刀剣男士)
20.「Additional Time」~「Show me the world」(刀剣男士全員)
21.「大袈裟」(刀剣男士全員)
22.「KEY MAN」(刀剣男士全員)
23.「漢道」(全員)
24.「刀剣乱舞」(全員)

感想

  • しかたないけど、ライブのクオリティがかなり低い。
  • ダンスも激しいの多いし、俳優だし、どうしようもないけど、見ていてハラハラするパーフォーマンスはなんか違う…
  • 舞台演出というかキラキラするやつはキレイで見応えあった
  • 前も言ったこと多分あるけど、三日月宗近のどアップは目が怖い。カラコンが怖い。
  • 思い出したが、三日月宗近のアップで怖い無表情のシーンあったけど、ドキッとした
  • 二時間超だっけ。少々長く感じた
  • 相変わらず加州清光が可愛い。可愛い。ほんと可愛い
  • 今回は今剣もいるし、堀川も、安定もいるし、可愛い人が一杯で楽しかったです。
  • みんなでワチャワチャするところ好き
  • 今更だが、軽装(?)のときの衣装のデザインした人ありがとう。ほんとありがとう。衣装はどれも格好良いし可愛いし色っぽくて好き。
  • 人数が多いから、心なしか映り足りない人がいるような気もした。

関ジャニ'sエイターテインメント

2017-05-xx
関ジャニ'sエイターテインメント

あらすじ
歌にダンスにバンドにエイトレンジャーまで! !
関ジャニ∞の総合エンターテインメントライブとなった史上最高動員の5大ドームツアー「関ジャニ'sエイターテインメント」がDVD・Blu-rayで発売!
2016年12月から2017年1月に開催された冬の5大ドームツアー『関ジャニ'sエイターテインメント』(全14公演・過去最高75万人動員)は、歌にダンスにバンドにエイトレンジャーにと、関ジャニ∞を構成しているすべてを出し切った、まさに総合エンターテインメントライブ。
360度ステージを彩る光・音・そして大歓声の中、全力でパフォーマンスをしている彼らの姿をたっぷり収録!
【DVD初回限定盤】の特典映像には、クリスマス公演時に披露された丸山プロデュース楽曲「ふわふわポムポム」を含むツアーメイキング映像に加え、各地のMCダイジェスト、さらに4ヵ月連続リリース時(パノラマ・関ジャニ∞リサイタル・NOROSHI・なぐりガキBEAT)に放送されていた連動型アナザーCMを一挙収録!

感想

  • 今までは積極的なファン活動(?)から離れてDVDだけ買う(特典が美味しいシングル・アルバム含む)だったのだが、私はそろそろ本当に卒業かもしれないなと感じた。
  • ヨコとすばるだっけ?の裸の曲は何事ですか!?!?!ちょっとお下品に見えるからやめて・・・てか白いな・・・てか痩せたな・・・・・・
  • なんか色々、∞レジャーとかMCの内容が思い出せない
  • 次のDVDからは様子見買いかな
  • クオリティが落ちたとかではなく、単純に私がアイドル離れをはじめたのであまり参考にはならない感想でした。
  • あ、キッズダンサーとか、前にも似たような参加型のものあったけど、それほんと要りません… やめてもう…

美女と野獣 (2017) / BEAUTY AND THE BEAST

美女と野獣 (2017) / BEAUTY AND THE BEAST
監督:ビル・コンドン

進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。(シネマトゥデイ

  • 字幕
  • お目当ては、原作
  • いや… 自分でもよくわからないが、泣いていた
  • 二人のダンスシーンから、野獣のソロと、城の皆の別れの言葉のシーンからハッピーエンドまでのシーンでずっと泣いていた
  • ベルは、なんていうか、可愛くない。「美人」かもしれないが、「美女」ではなかった。役者の顔がイケメンすぎた。そのせいなのか、それとも元々だったのか、ベルが時折勇ましい。
  • そして、いつものごとく、呪いが解けた野獣の姿で失望する。いや、失望というか、ずっとベルと野獣の初々しい恋を応援していたんだけど、いきなり違う外見の人が現れてキスしても。中身同じだと分かっても、人間って視覚に影響されるからなぁ
  • ガストンの子分ってこんなんだっけ?最後のダンスシーンにもいたよね?(自信はない) まぁ、これはこれで良かったわ
  • もう一度見たい
  • 分かりきっているストーリーでもそこがいいんだよなぁ
  • ポット夫人とチップくんの顔はもっとなんとかならんかったのか
  • しかし、ベルのお母さんのエピソードって要る?

(二次)夢のつづき

■□■ □■□■□ ■□■

夢のつづき

■□■ □■□■□ ■□■

※注意書き
・2015年夏に書いた、完全なる自己満足のショートストーリーです。
・仮○ライダー555の本編とは全く関係ありません。
・分かる人がここまで辿り着く確率は低いけど、せっかくなのでこっそり。
木場さんが生き延びています
たっくんが途中で死にます。 ・まさかとは想いますが、無断転載禁止です。

続きを読む