ななしの記録ログ。

時差半年の片思いをひたすらつづる、自分用記録若しくは記憶ログ。

FRANZ 神戸苺トリュフシリーズ

f:id:lucevista:20170715191011j:plain
f:id:lucevista:20170715191014j:plain

全部で4つだけど、1個被っているのでタイプだけでみると、
チョコ+イチゴのと
ホワイトチョコ+イチゴのと
ホワイトチョコ+イチゴ+表面にイチゴパウダーのとで3つのタイプを頂きました。

だから、なんで甘いものに酸味加えたがるんですかね。
たしかに酸味がいい感じになるときもあるけど、甘いもののあとだともっと酸っぱく感じるじゃん。
酸っぱいもの苦手組として、絶妙なラインを超えちゃうと酸っぱくて好きじゃないの。

イチゴパウダーがついてるやつがちょっと酸っぱかった。
ホワイトチョコだけのやつがいちばん美味しかった。

パッケージが可愛らしくて、もらったときちょっとテンション上がった。可愛い。
食べ終わってからも、ちょっとアレンジして小物入れとして活躍中です。

「自分では買わないがもらったらうれしい」

茶房 鶴屋八幡 ぜんざい

f:id:lucevista:20170715192359j:plain
リーガロイヤル店の鶴屋八幡さんでおぜんざいを食べたときのお写真。

人も少なくて、ゆったりと甘味を味わうことができました。
いっしょに行ったひとは、にゅうめんセットが気に入ったご様子。

おぜんざい、美味しかった。確かに美味しかったけど、お値段が。
まあ、ホテルのなんだからね。

また食べに行きた~い!

マクロス7

2017年 8月 15日
マクロス7 1回目

(偏見と独断による)あらすじ
宇宙移民船団マクロス7はある日突然、人のスピリチアを餌にする異星人に襲われる。軍隊が頑張って命がけの戦闘を繰り広げるなか、歌命のロックバンドFire bomberのボーカル、熱気バサラが戦闘に乱入して所構わず自分の歌を聞かせようとする。彼には彼なりの何かがあるようだが、戦闘の邪魔でしかないため敵からも味方からも理解されない。しかし、彼の歌の力が証明されにつれ正式に戦いに使われるようになるが、バサラが求めていたものは歌で分かり合うことであり、歌で放心させて撃墜することではないためまた葛藤があり……。

「戦闘なんてくだらねえ!俺の歌を聴けー!!」

キャスト
原作:河森正治
監督:アミノテツロー
シリーズ構成:富田祐弘
脚本:富田祐弘大橋志吉隅沢克之アミノテツロー
キャラクターデザイン:美樹本晴彦(原案)、桂憲一郎
メカニックデザイン宮武一貴河森正治
アニメーション制作:ヒーロー(第34話まで)、葦プロダクション(全話)
製作:毎日放送ビックウエスト
放送期間:1994年10月16日 - 1995年9月24日
話数:全49話+テレビ未放送話3話

  • お目当は特になし
  • 満足:★★★
  • オススメ:★★★
  • なんとなく興味が湧いてこっちを先に見ました
  • 50話もあるので純粋にアニメ見ることだけに時間を割くのはもったいなくて、ながら見が多かった。
  • 神奈延年さん速水奨さん子安武人さん三木眞一郎さん鈴村健一さん高橋広樹さん等々、知っている声が多くて楽しかったw
  • どうしても歌のパートでは絵と声が別々にしか見えない。なんというか口パク感が半端ない。すごく違和感あった。だって、絶対今の状況でこんなに安定して緊迫感のない歌声なんてないでしょ。歌も一発撮りだったりしてもう少し「今」歌っている感を出してほしかったな~
  • 私は結構前のほうが面白かった。15話あたり?まで一気見しちゃったw 面白くて。
  • しかし、プラネットダンスだっけ?歌いすぎ。聞きすぎて嫌いになりそう
  • 後半があんまり記憶にない。
  • 花束の少女可愛い
  • ミレーヌ可愛い
  • ミレーヌ、歌う時声変わり過ぎでしょ。声の人が違うから仕方ないけどいきなり大人っぽくなりすぎ。好きだけど。
  • 最初がガムリンあまり過ぎじゃなかったが、いつの間にかガムリン推しになってた。ミレーヌ!絶対にガムリンのほうがいいって!!
  • というか、バサラ全然ミレーヌは恋愛対象として見てないでしょ
  • バサラは歌にしか興味ないし、むしろシビルに肩入れしていたし
  • ガムリンとバサラの間に友情みたいなの生まれたときの嬉しさったら
  • ギギル?ゲゲル?の熱唱には泣きそうになってました
  • マックス艦長かっこいい
  • ミリア市長かっこいい
  • 関連作はどうしようかな。見ようかどうするか迷っちゃうな

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

2017年 8月 9日
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 1回目

あらすじ
1982年から放映され、爆発的人気を呼んだTVアニメ「超時空要塞マクロス」のストーリーを劇場用に再構成、映像もすべて新しく描きおこされた。映画の主題歌『愛・おぼえていますか』も大ヒットしている。2009年、宇宙から飛来したゼントラーディ軍が、突如地球を襲撃。反撃しようとした巨大宇宙戦艦マクロスは、トラブルを起こして太陽系外縁に飛ばされてしまう。内部に58000人の避難民を収容し、鑑そのものが宇宙都市でもあるマクロス。その中には、人気歌手のリン・ミンメイと若きパイロットの一条輝がいた。(allcinema ONLINE

キャスト
監督 石黒昇河森正治
脚本 富田祐弘
製作 井上明、岩田弘、榎本恒幸
飯島真理長谷有洋土井美加
公開 1984年7月21日

  • お目当は無し
  • TV版未視聴
  • 満足:★
  • オススメ:★★★
  • マクロスをプレイしていたらマクロスFがまた見たくなって、劇場版を鑑賞。見るついでに初代の劇場版も見ようかなーってなって鑑賞
  • うーん、わたしにはそこまで面白くはなかった
  • 見る順番を間違ったかもしれない(Fのほうを先に見てから続けて見てしまった)
  • それから、見る前にめちゃくちゃ絶賛オススメされたのもあって、ハードルを上げすぎてしまったかも
  • その当時から見れば凄い作画のアニメかもしれないが、私が見たのは2017年の今だし…
  • 昔のだし、ちょっと気に障るセリフも多々あったりしてそれもイライラだったが、何より主人公があまり好きではない。すごく嫌い。
  • 歌は前から知っていので、相変わらずいい歌だなーって。その曲がどんな曲だったのかは今回初めて知ったけどw
  • とりあえず、FのTV版をもう一回見て、ほかのシリーズもちょっと見てみたいなぁ

YOKUMOKU プティ サンク デリス

f:id:lucevista:20170715190359j:plain

多分プティサンクデリスだと思うけど、違うかも。

いただきもの。
普通の焼き菓子。なんかサンドっぽいのが美味しかったような。
水持っていかれる系の焼き菓子はあまり好きじゃないが、これはそこまで持って行かれなかった気がする。

「自分では買わないけど、もらったら美味しくいただく」

ROYCE マシュマロチョコレート【クリスマス】ストロベリー

f:id:lucevista:20170715185526j:plain
f:id:lucevista:20170715185529j:plain

夏に去年の冬のお菓子をアップするなんて。

いただきもの。
2番めのお写真がちょっと残念に撮られたのかな。

甘いチョコと酸味のあるイチゴの味が結構良かったが、わたしマシュマロ苦手なんですよね…… いただきものだし、全部食べたけど。

パッケージのクリスマスっぽさが可愛くて良かった。でもちょっと子供っぽい。

「マシュマロ苦手問題につき、ノーコメント」

Dance with Devil(アニメ)

2017年 8月 2日
Dance with Devil(アニメ) 1回目

あらすじ
どこか懐かしい姿をした街・四皇町。
そこに暮らす立華リツカは、四皇學園に通う高校二年生の少女。
イギリスに留学中の兄・リンドからの時々の連絡を楽しみにしつつ母と二人で穏やかな日常を送っていた。
ある日彼女は學園の生徒の憧れである生徒会長・鈎貫レムからの呼び出しを受け、生徒会の面々の集まる「第三図書室」で彼らと不思議な出会いを果たす。
アクマ、ヴァンパイア、エクソシスト。「禁断のグリモワール」を巡り、あらゆる思惑が彼女を中心に動き始める。
ヒトか、アクマか?
これは、魔に魅入られ、魔に愛されたひとりの少女の物語。

キャスト
原案:岩崎大介(Rejet)
原作:グリモワール編纂室
監督:吉村 愛
シリーズ構成:金春智子
キャラクター原案:前田浩孝(Rejet)
キャラクターデザイン:高品有桂
音楽プロデューサー:藤田淳平
音楽:Elements Garden
音楽制作:DIVEIIentertainment
アニメーション制作:ブレインズ・ベース 立華リツカ:茜屋日海夏
鉤貫レム:斉藤壮馬
立華リンド:羽多野 渉
楚神ウリエ:近藤 隆
南那城メィジ:木村 昴
棗坂シキ:平川大輔
葛葉アズナ:松田利冴
ローエン:山本和臣
ジェキ:鈴木裕斗

  • お目当は鈴木達央くん
  • 満足:★
  • オススメ:★
  • 公式HPによると、原案は「DIABOLIK LOVERS」のRejet、音楽は「うたの☆プリンスさまっ♪」のElementsGarden、アニメーション監督は「アオハライド」の吉村愛、シリーズ構成・脚本は「君に届け」「うたの☆プリンスさまっ♪」の金春智子、キャラクター原案に「VitaminX」前田浩孝だそうです。
  • どうりでなんかみんなどこかで見たことあるような、聞いたことのあるような……
  • 最初は、単に達央くんのキャラソンが結構いい感じにミュージカルしてたので興味が湧いたから(「きらりひらり」と「ワタクシは忠実な犬です。」)
  • そしてミュージカル好きなので、ミュージカルアニメという点も気になって
  • 結論からいうと、達央くんの出番は少なすぎるし、歌も特に惹かれる曲もなく……
  • あ、エンディング曲はちょっと好きかも
  • キャラも特に好きなキャラがなく、揃いも揃ってみんなヒロインちゃん好き好きなのでなんか微妙。特にお兄ちゃんまで好き好き言い始めて引いちゃった。いや、波多野お兄ちゃん好きだけど、血のつながりがどうのこうの以前にさ……
  • 結局みんなグリモワールとかいうものの力に惹かれて興味持つ→いっしょに居たらなんかヒロインそのものに惹かれる→グリモワール抜きでも君が好き!路線なんだろうけど、惹かれる要素が見当たらんうえに、ヒロイン親友ちゃんとかお兄ちゃんとかがそんなに守ろうと必死なのに自分勝手にフラっと消えたりするから見ててイライラするので、好きになれず、ますます周りから好かれる設定に納得できず
  • 最終話もなんか釈然としない。なんなの・・・
  • 3話まで見てリタイアして、一ヶ月?ぐらい過ぎて残り見終わったんだけど、つまらないつまらない言いながらも最後まで見終わった私ってなんなんだろ
  • うたプリも見たときと同じ感覚だった。なんとも言えないあの感覚。先程構成・脚本の名前見てすごい納得しちゃったけど
  • ミュージカルアニメなのに歌パートはなんかむずむずするし、歌以外のパートは優柔不断なヒロインにイライラするし
  • キャラはまあ、魔王、アクマ、ヴァンパイア、ダンピール、堕天使、ケロベロス。盛りだくさんですな!ちょっとごちゃごちゃ過ぎますよ…… いっそのこと狼人間とかも出せば?
  • てか、お母さんとおばさんの血筋大丈夫か?なんでそんなに人外にモテちゃったの
  • 劇場版も出るそうだが、面白くなるのかな…… 今んとこ全然興味沸かないけど、アニメラストが以下にも次作でローエンちゃん出番ありそうな感じだったので、様子見です。あとで情報集めとこ
  • これゲーム化もされたそうだが、面白いんだろうか。ゲームの途中でもミュージカルしちゃうの?
  • そういや、結構前にこれのミュージカル化されたんだっけ。キャスト見てパスしちゃった記憶がある。アニメ面白かったらミュージカルも見るつもりだったが、見なくていいかなぁ