ななしの記録ログ。

時差半年の片思いをひたすらつづる、自分用記録若しくは記憶ログ。

春どこ2012

2016年 12月 春どこ2012 1回目

あらすじ
今年の「春どこ」は、『D2』16人が大集合! 歌に、ダンスに、演劇に。 今年は「D2学園」を舞台とする様々なコーナーが次々に展開される、バラエティに富んだイベントに! ! D2メンバーの素顔が明らかになるホームルームのコーナーや、『D2文化祭』と銘打って 「軽音部」、「ダンス部」、「演劇部」が出し物を披露。 さらにメンバーが同士がファッションコーディネートをする「ドキドキ・ファッションショー」も開催! 誰がナンバー1コーディネートか会場の皆様に決定してもらいます!

キャスト
山口賢貴上鶴徹西井幸人三津谷亮陳内将 荒井敦史阿久津愼太郎池岡亮介近江陽一郎、根岸拓哉 山田裕貴前山剛久、白又敦、土屋シオン 大久保祥太郎、志尊淳

  • お目当は、前山剛久くん
  • 満足:★
  • オススメ:★
  • クオリティ低っ!!!
  • 軽音部マジヤメテ、聞いていられなくて丸ごとスキップしちゃった。
  • 陣内くん、テニミュつながりで、どちらかというと好きな方だけど、前に出過ぎ
  • というか、内輪で盛り上がって調子乗っている感がすごい
  • このクオリティで自信持って自画自賛できるのなら、正直贔屓できない
  • 素人集団すぎた。現場でワイワイ盛り上がっているならまだ楽しめたかもだけど、DVDはきつい。お値段は安かったが、お金もったいない。

局中音楽館LIVE ~幕末フェスティバル~

2016年 12月 局中音楽館LIVE ~幕末フェスティバル~ 1回目

あらすじ
『TV・局中法度!』より、初の音楽メインライブ「局中音楽館」をDVD化。ワタナベエンターテインメント所属の若手俳優集団・D2を中心に、当日披露された楽曲はもちろん、メイキング映像や舞台裏などのオフショット映像も収録。

キャスト
D2のほぼ全員

  • お目当は、前山剛久くん
  • テレビのほうの本編見たことあり
  • 満足:★★★★★
  • オススメ:★★★★
  • 鍋つながりで見たことがあって、D2とかあまり知らなかったけどD-Boysは知ってたからそれなり見て、でもあまりハマらなかったのに、今更
  • 曲は公式のようつべで見れる。
  • 走馬灯ベイベーが一番好き
  • あと、今になってD2のメンバー見たら、結構知ってる顔増えてた。その当時は前ちゃんぐらいしか知らなかったし…(鍋つながり)
  • 山田裕貴くん前から知っていたけど(特撮)、D2って知らなかった。この人歌声が特徴あっていいね。なんとも言えない声。最初は微妙だったけど、なぜか癖になるw

あんさんぶるスターズ!オン・ステージ

2016年 12月 あんさんぶるスターズ!オン・ステージ 1回目

あらすじ(偏見と独断)
男性アイドル専門の学院、権力を握っているのはいつものごとく生徒会で、その生徒会のせいで弱小チームは歌もろくに披露できない理不尽な日々で、夢を持って入学して挫折するなか、主人公とそのチームのメンバーは、変な吸血鬼先輩などの助けもあり立ち上がるのであった…?

キャスト
脚本 : 赤澤ムック
演出 : 宇治川まさなり
明星スバル役:小澤廉
氷鷹北斗役:山本一慶
遊木真役:松村泰一郎
衣更真緒役:谷水力
大神晃牙役:赤澤遼太郎
朔間零役:小南光司
羽風薫役:奥谷知弘
乙狩アドニス役:瑛
鬼龍紅郎役:上田堪大
蓮巳敬人役:小松準弥
神崎颯馬役:樋口裕太
南雲鉄虎役:小西成弥
紫之創役:櫻井圭登
葵ひなた役:山中健太
葵ゆうた役:山中翔太
瀬名泉役:高崎翔太
鳴上嵐役:北村諒

  • お目当は、続編の前山剛久くん。
  • 原作既プレイ
  • 満足:★★★★
  • オススメ:★★★
  • 原作のゲームは、たぶん、池田純矢くんあたりが声で参加していたかなにかでリリース直後プレイして、1日でやめました。はい。
  • でも、予想より楽しめた。
  • 吸血鬼先輩とか、時代劇口調の子とかゲームの時から違和感プンプンだったけど、なぜか3次ではすぐ慣れた。
  • 大神とか咲間とか好きだが、メイクしてないときのお写真見たら別人すぎた。
  • ロリロリなキャラとかは、声はそれなりにロリロリだったが、お顔のほうにちょこっと無理が...。まぁ、リアルでそんな人そうそういないだろうしね。
  • ウフフな乙女たちが萌えそうな矢印がバンバン飛んでいたように見えた気がしなくもない

ファインディング・ドリー

2016年 10月 2044
ファインディング・ドリー 1回目

あらすじ
すぐに全てを忘れてしまうドリー。しかし、どうしても家族と再会したかった……

キャスト
監督 アンドリュー・スタントン
アンガス・マクレー
脚本 アンドリュー・スタントン
製作 リンジー・コリンズ
製作総指揮 ジョン・ラセター
音楽 トーマス・ニューマン
製作会社 ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

  • お目当はなし
  • 前作未観
  • 満足:★★★★
  • オススメ:★★★★
  • 出張の飛行機で見ました
  • 飛行機って、吹き替えと字幕が同時に見れるから、ちょっとした訳の違いとかが面白い
  • 3~4回ほど泣きそうになり、大変だった。
  • 前作のファインディング・ニモは見てません。ドリー見てから猛烈にニモ見たくなったので、そのうち見ようかと
  • やはり安心と信頼のピクサー(&配給:ディズニー)ですわ
  • ニモのほうにも出ていたらしい、ドリーが今回の主人公
  • ドリーは忘れっぽいという設定なのですが、これ病気というか障害というか。
  • 見ている途中、アルツハイマーのおばあちゃんのことを思い出した。 -ドリーに対する周りの魚たちの反応とか対応とか、それが色々と重なって見えたから、楽しいんだけど、面白いんだけど、ちょっとつらい。
  • ドリーにとっては、記憶がないし、家族とはぐれた一人ぼっちだという状況もあっていつも不安で、でも周りの魚たちは、同じ対応に疲れてまともに取り合ってくれない。
  • でも、ドリーの言動はうるさいし、目を離すと何処か行っちゃうし、覚えることは出来ないし、保護者(?)はとても疲れる。マーリンも仏様ではないので、時折怒ったりうんざりしたりしているし
  • そういうのが重なっちゃうから、見ててつらい……現実つらい……
  • ビードリー可愛すぎた
  • タコってすごいのね。運転もできるのね。握力すごいわね。
  • ちょっとありえない場面とかあったけど、まぁ、いいかなーって。楽しいし。
  • はじまって10分くらいでもう涙ウルウルでした。やば。涙腺やば
  • おかあさんおとうさんと再会する場面のあの貝、あーもうーすごい泣きそうになった。というか泣いた。よかったねー やっと会えたねー って
  • 途中、引きこもり志願のタコに「あんたも海へ帰るの!」的な発言したときはちょっとイラッとした。それはあなたの考えでしょう。あなたとあのタコは違うの。他人に自分と同じ考え方を強要するのはよろしくないって。まぁ、タコさんは海へ帰ると決めちゃったけどね
  • 右右左が覚えられなくてパイプへ入るのを戸惑ったりしていたドリーだったが、チャレンジ精神?と仲間の助けもあってうまく行ったりして、色々経験した結果、思い出したり、最終的には覚えたり、覚えてなくても状況から推理して思い出したりするくらい成長していて、とても良かった
  • んだけど、それは映画だからあり得ることであって…と思ってしまうのは、わたしもオトナになってしまったのでしょうか。それとも、アルツハイマーと結びついちゃったからか
  • とにかく面白かったから、周りの人に言ったら、子ども扱いしてくる。血を流すバイオレンスな映画より感動系がわたしは好きなの。

ランチタイム終わりました

2016年 10月 15日 2124
ランチタイム終わりました 1回目(本編・メイキング)

あらすじ
コント以上、ドラマ未満
特にこだわっているコーヒーでもなく…自慢のメニューもない喫茶店「COFFEE JUNGLE」。
今日も暇なランチタイムは3人の私語と妄想でお腹いっぱいだ!
キャラクターが濃い一癖、二癖もあるお客様にポンコツな接客をしていくのだが…

キャスト
木村達成
せとたけお
山崎大輝

  • お目当は木村達成くん
  • 原作未読
  • 満足:★★★★
  • オススメ:★★★(値段の割には満足できたので、★もうひとつ上げてもいいかも)
  • 10分未満の物語×11話で75分くらいだっけ?
  • ストーリーはまあまあ、可もなく不可もなく?
  • そこまで面白くも、そこまでつまらなくもない
  • たまにじわじわくるやつと、たまに面白いやつとがあったので、ゆる~く見れる感じ。
  • この短いドマラにオープニング曲とか要る????????
  • たつなりは可愛かったです。はい。可愛い。彼女持ちの普通の二流大学の男子。可愛い。髪型も大学生っぽい髪型。わたし短髪好きなのでちょっとこれはいいかも。
  • なんか特に面白かった回があったんだけだ、あ、思い出せないや
  • ずっと気になっているのは、JKのお話で、あばあちゃんと電話してる女子高生の携帯の画面がどう見ても電話中の画面じゃなかったこと。わたしずっとiPhoneだからアンドロイドのことはよくわからないが、アンドロイドは電話中でもホーム画面とかアイコンとか見えるものなの?それが気になってこの子が本当におばあちゃんと電話しているのか、それとも店員たちを騙しているのかが分からなかった。というか、後者にしか思えなくて
  • メランコリックが一発で撮影終わって喜ぶたつなり可愛かったです(メイキング)
  • しのぶちゃんの、大盛りにするか否かでご飯足したり引いたりしているたつなり(の役)可愛い。
  • 多分、しのぶちゃん、蜘蛛、メランコリックがわたし面白かったかと… あ… もう、記憶が
  • これ買う前に情報が少なすぎて、感想も見当たらないし、でも分かったわ。これあまり感想とか書くことないわ
  • 短いし、気軽く見れる、特に記憶に残ることも、残す必要もない、そんな物語
  • メイキングは各話ごとに、カット後の映像とか、ゲストさんのインタビューとか
  • もちろん、メインの4人のインタビューもありました
  • あとは、お食事風景もチラッとあった気がする。割り箸配るたつなり可愛い
  • というか、これ結構前のかな?と思って見たんだけど、たつなりの名前に「ハイキュー」ってついていたから最近のやつだよね
  • ドラマ版弱ペダでは、荒れている肌が目立ってたけど、DVD画質だとそんなに目立たなかった
  • これ企画・製作がスパイスビジュアルとUTYになっているけど、UTYってたつなりの事務所だよね

ドラマ 弱虫ペダル

2016年 8月~10月
ドラマ 弱虫ペダル 1回目

あらすじ
千葉県立総北高校に入学した小野田坂道(小越勇輝)は、秋葉原を愛するオタク少年。高校では友だちを作るために、アニメ・漫画研究部に入部をしようとする。しかし、同級生の今泉俊輔(木村達成)や鳴子章吉(深澤大河)と出会い、自転車で走ることに楽しさを見出した坂道は自転車競技部へと入部。総北高校自転車競技部は3年のキャプテン・金城真護(郷本直也)を中心に、“暴走の肉弾頭”の異名を持つスプリンターの田所迅(友常勇気)や独特のダンシング走法で“頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)”の異名を持つ巻島裕介(馬場良馬)といった個性のある強力なメンバーが揃い、インターハイの頂点を目指している。自転車競技については素人であった坂道は、今泉や鳴子といっしょに走った経験、1年生ウェルカムレース、4日で1000kmを走る耐久合宿を乗り越えながら、クライマーとしての素質を一気に開花させていく。  主人公・小野田坂道が自転車競技と出会って、友達を獲得し、変化していく姿、そして、そんな坂道の加入によって、大きく変化していく金城を中心とした総北高校自転車競技部。はたして誰がインターハイメンバーに選ばれるのか。ついに今年のインターハイの出場メンバーが発表される。

キャスト
脚本 - 吹原幸太
監督 - 棚澤孝義
宣伝協力:マーベラス
制作:東宝映像事業部
製作:スカパー!
小野田坂道(小越勇輝)▽今泉俊輔(木村達成)▽鳴子章吉(深澤大河)▽金城真護(郷本直也)▽田所迅(友常勇気)▽巻島裕介(馬場良馬)▽手嶋純太(鯨井康介)▽青八木一(八島諒)▽古賀公貴(輝馬)▽杉元照文(平井浩基)▽寒咲通司(安里勇哉)▽寒咲幹(桜井美南)▽福富寿一(滝川英治)▽荒北靖友(鈴木拡樹)▽東堂尽八(北村諒)▽新開隼人(宮崎秋人)▽泉田塔一郎(青木空夢)▽黒田雪成(秋元龍太朗)▽真波山岳(植田圭輔)

  • お目当は木村達成くん、鈴木拡樹さん、
  • 原作既読
  • 満足:★★★★
  • オススメ:★★★★
  • ドラマ化されると聞いて「2.5が儲かるといって、なんでもかんでも実写化?ドラマ化?するんじゃないわー!!」だったが、そんなことなかった。普通に楽しく見れた。
  • 舞台を初演から、インハイ最終日まで見てて、キャストに愛着もあったから、どうせならメインの3人は初期メンバーでしてほしかったとボヤきまくりだった。が、まさかその間に私がたつなりくんにハマった結果、たつなりくん目当てでこれを見ることになるとは。(拡樹くんが出るから一応撮り溜めはしてた)
  • 心配してたけど、今泉も今泉だったし、鳴子も鳴子だった。少々原作とか舞台版とか違うところもあるけど、ちゃんとそのキャラに見えたし、わたしたつなり贔屓を考慮しても、ドラマ版の今泉くんがいちばん好き。
  • あと、鳴子も、大河くんの鳴子好きw 今までは絶対に鳥くん以外に考えられない!だったのに、いるんだよね(あ、もちろん鳥の鳴子も好きよ!)
  • 女子!女子がいる!!しかも、二人とも可愛い~!
  • 御堂筋が、なんか急にキャスト変更したらしく、詳しいことは知らないけど、やはり御堂筋は充さんがいいなーって
  • なんかたつなりのサービスショットが多くてw どうすればいいのかわからなかったw
  • 小越くん… 私彼の役が苦手。リョーマみたいな生意気系はまぁまぁいけるのに、うじうじ気弱系はダメなの。そういうキャラそのものも好きじゃないのに、彼が演じるとなんかすごく苦手。でもその割には見れた。一年3人が可愛くて…
  • 総北の海堂くん率の高さめっちゃ笑った
  • IHもドラマで見たい!見たい!!でも、やはり走りメインになると、難しいんだろうなぁ
  • 下手なCGまみれになっても、それはなんか違うし。今回だって微妙なCG多くてね。ちょっと笑っちゃったw 他はまあ理解と想像でなんとかするとして、やたらキラーン的なCG入っていたのは何なのwわらけるww
  • 本編が期待以上に面白かったし、楽しかったので、DVD迷ってる。だってードラマのDVDって高いしー でも特典見たいしー でも高いしー 迷ってる

アトム 未来派 No.9

アトム 未来派 No.9

参考:好きなバクチクの曲ベスト5

  1. FLAME
  2. サファイア(※ライブVer.)
  3. 羽虫のように
  4. 青の世界
  5. MISS TAKE

今回のアルバムって、聴き込まなくてもメロデイ覚えやすかった。

短め感想

01.cum uh sol nu - フラスコの別種 - [作詞 / 作曲:今井寿]
召喚の曲じゃないけど、なんかすげー召喚できそう。ホムンクルスどころじゃないわ。めっちゃ強い悪魔や魔物呼び出せそう。
寝る時ずっと耳元で離れなかった「シャンバラ アガルタ シャンバラ アガルタ ノンマルト」

02.PINOA ICCHIO - 躍るアトム - [作詞 / 作曲:今井寿]
二目惚れ
普通子どもは愛の結晶なのに、自分は作り物で混ぜられたキマイラで、だから例外というストーリなのかしら。でもタイトルに愛が入っているんだよなぁ
合成かな?からアトムまでが特に好き。
あと、クリスタルと言われても危ないほうのクリスタルしか思い浮かべない

03.DEVIL’S WINGS  [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
シングル版よりこっちが好き
こっちは、Type1ってことになるのかな?
割と遅めにハマった
歌詞が人間人間悪魔ってどうよ?でも好きだわ!

04.El Dorado [作詞:櫻井敦司 / 作曲:星野英彦]
意外とわたしにハマらなかった
私星野さんの曲って、一発でめっちゃ好きか、あまりハマらないかの二択なんだよなぁ
追記:いきなりはまったw いい曲ですわ

05.美 NEO Universe [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
愛し合ウォッカw 好きだよww

06.BOY septem peccata mortalia [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
二目惚れ
なぜダメなんだい?の歌い方が可愛い

07.樹海 [作詞:櫻井敦司 / 作曲:星野英彦]
一目惚れ
特にいうことはありませんが好き

08.THE SEASIDE STORY [作詞 / 作曲:今井寿]
二目惚れ。
夜空を切り裂くシューティングスターのところが、NEW WORLDと繋がっている?
歌詞もメロディも可愛くて好き。

09.FUTURE SONG - 未来が通る - [作詞:今井寿櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
あっちゃんと今井さんのデュエット好きです。
とてもバクチク。タイトルがハイカラさんが通るみたいw

10.曼珠沙華 manjusaka [作詞:櫻井敦司 / 作曲:星野英彦]
一目惚れ
音も声もやさしくて切ない

11.Cuba Libre [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
一目惚れ
10~11~12の流れ好き。
サビ好き

12.愛の葬列 [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
一目惚れ
一周目のとき、断トツでこのアルバムでいちばん好きな曲でした

13.NEW WORLD - beginning - [作詞:櫻井敦司 / 作曲:今井寿]
一目惚れ
すごくなんか優しい。なんかONCE UPON A TIMEっぽい。つまり=好き。
アルバムの最終局に「beginning」つけちゃうセンス好きです。

相変わらず愛と死の世界で、ちょっと前までは血と銃と狂と天使と悪魔みたいなもんだったら、最近は宇宙とかそういう系が増えた気がする…ような?
と思ったから数えてみた!

愛:47回(LOVE含む)
夢:20回(夢幻、DREAM含む)
踊:17回
闇:15回(闇夜含む)
太陽:15回(Sunshine、Sunset含む)
未来:13回
命:9回
悪魔:8回(Devil含む)
星:7回(星屑、流星、シューティングスター含む)
死:6回(die24回除く)
狂:6回 宇宙:2回
堕天使:1回
血:1回

通常運転でした。愛がいっぱい。