ななしの記録ログ。

時差半年の片思いをひたすらつづる、自分用記録若しくは記憶ログ。

パラノイア・サーカス

2016年 8月 27日 2337
パラノイア・サーカス 1回目

肝心なことネタバレしちゃってます。

あらすじ
パラノイア★サーカス』
それは、極上の『謎』を見世物にするサーカス団。
奇妙奇天烈なパフォーマーたちは、狂気と現実の境目を疾走、観客たちはその謎に熱狂する。
しかし、突如現れた大怪盗『カイジン20面相』は、パラノイア★サーカスから謎そのものを盗み出す。
一人また一人と殺されて消えていく団員たち。
収拾不能の大混乱の中で崩壊していくサーカス団…。

だが、カイジン20面相に戦いを挑むべく捜査に乗り出す男がいた。
その男こそ天才小説家『江戸川乱歩』だった。

江戸川乱歩は、カイジン20面相の正体を暴くことができるのか?

パフォーマーたちの『パラノイア(妄想)』はステージの中で、混ざり合い溶け合い、現代の狂気を映し出す壮大なパノラマへと姿を変える。

キャスト
脚本・演出:毛利亘宏
主催:少年社中/東映テレビ朝日BS朝日
井俣太良/岩田有民/堀池直毅/廿浦裕介/加藤良子/長谷川太郎
杉山未央/山川ありそ/内山智絵/竹内尚文/川本裕之
小澤亮太/松田 凌/松田 岳/白又 敦/松本寛也/唐橋 充/吉井 怜/鈴木勝吾

  • お目当は松田凌、鈴木勝吾、松田岳、唐橋充井俣太良、ほか
  • 原作というか、江戸川乱歩関係は未読
  • 満足:★★★★
  • オススメ:★★★★★
  • 冒頭とかに代わる代わる語るのは少年社中の伝統芸なのかしら
  • 少年社中の舞台はあまり見てないが、前に見たときもお衣装とかキラキラで華麗で好き。
  • 元々こういうジャンルは好き。繰り返される時間の中で何かを救うために頑張るが救えなくてまた繰り返しみたいな
  • もののふにつづいて、小澤亮太くんがなかなかいい。声は通るし佇まいとかなんか説得力ある。何より声色が素晴らしいくらい好み。かっこいい~。リタイアしたっきりのゴーカイジャー今なら完走できそう
  • お目当ての小林少年こと凌くんは可愛いの一言。でもところどころ声が高くて聞きづらいというか耳に滑らかに入らないセリフがあった。でもそこが良かったのかも。役柄的には。最後なんか切なくて。
  • 勝吾くんのスタイリッシュ金ピカ野郎がよかった。勝吾くんの声と口調と役がいい感じに合わさって、飄々していて、主人公の命狙ったり助けたり(あれ、助けたっけ?)、惑わすのが良かった。
  • 「ファンサービスかな?」みたいなこと言っていたけど、所詮主人公の妄想の中でのことだし、そうならそれはそれで面白い。好きすぎて登場させたけど、ルパンと二十面相の関係(?)とか色々勘ぐるのも楽しい♪ なぜ主人公は乱歩から命を狙われるのかとかもね。
  • 最後に主人公が二十面相の役どころに入るのが好き~
  • 井俣太良さんのあのぺっちゃんこシーン(?)はどこまで台本通りなの?全部きっちり台本通りなら逆に怖い… とりあえず、井俣さん可愛い。なんでこのおっさんこんなに可愛いの。
  • 松田の岳くんの宇宙飛行士。あのビジュアルが似合ってるってどうなの。ただの癒し系か。
  • 「亡くなった姉さんもきっとそれを望んでいる」なんて、死人を使ったただの呪いじゃん。怖い怖い。
  • とりあえず、岳くんと凌くんの二人のシーンは色々と萌えました。某ライダーの木の実組的に。
  • 木の実組といえば、白又くん。不気味な屋根裏役がとてもはまっていた。色いしお目目大きいから、ああいうお化粧とかが映えていて、めちゃくちゃ似合っていた。手足も長いのか、それともそう見させているのか、その感じがとても良かった。手の目だけで見ているシーンも面白い
  • 唐橋さんはあまり目立たなかったなぁ。出番が少なめ。
  • なんというか、イモムシさんお疲れ様…
  • 江戸川乱歩に関して、あまり知らないというかほとんど知らない。作品も読んだことがない。
  • 明智小五郎」や「小林少年」もこれきっかけでやっと分かった。
  • だから、もしかしたら乱歩の作品を読んでから見るとまた感じるものが違うかもしれない
  • ラッキーなことに、ちょうど今年著作権の期限が切れたらしく、青空文庫でいくつか公開されていたので、読むことにしました♪
  • なぜか、パノラマ島奇談から…
  • なんか詰め込みすぎ?な感じもしたが、とても満足した。
  • 特典の物語、自然に入ってる壁ドンよかったw (それだけ)