読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななしの記録ログ。

時差半年の片思いをひたすらつづる、自分用記録若しくは記憶ログ。

ラ・ラ・ランド (2016)

ラ・ラ・ランド (2016) / LA LA LAND
監督:デイミアン・チャゼル

あらすじ
何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。(シネマトゥデイ

  • 字幕
  • 2回見ました。私はミュージカル好きです。突然歌い出すの好きです。
  • 飛行機で1回見て、いちばん最初で「あ、これは私好きなやつだ」と思った
  • でも見終わっての感想は、「面白いかは分からんが、楽しい映画」だった。
  • 序盤は渋滞のシーンの歌とか、パーティーへ4人で行くときの歌とかが楽しい。引き込まれる。
  • で、なんか賞ももらっているメインテーマ曲、City of Starsはそんなにピンと来ずだったんだけど
  • 何日か経って、なんかまた見たくなった。
  • 歌も気に入ったのがあったからサントラ聞いてたらCity of Starsが理解できてなんか切なさもあって好きになってて
  • それで二回目を見て、最後のシーンで涙が出た。悲しくはないのに。
  • サントラきょうもヘビロテです。













  • 恋愛パートは、そこまで関心がなく、キスシーン多いなぁって思いながら見てたら、なんか急に時間旅行パレード(?)してて急に終わってた感じがした。
  • 1回目はちょっと飛行機の中だったこともあり、集中できずなんのことか分からなかったが、いきなりキスのシーン、ミアのドレスが違うのね。2回目?出会ったとき、ジャズバーでピアノを弾いてたセブに「あなたの曲を聞いてー」的なセリフで話しかけるとき、相手せずに出ていったとき、「もし」そうしなかったらとか、ミアの一人芝居に「もし」セブが見に行っていたらとか。「もし」その時、そうせずにああしておけば、二人は違う結末だったんだろう的なシーンのオンパレードで、そこが切なすぎる
  • んだけど、ここの曲がすごく好き。今までのいい曲を全部集めているような贅沢さ
  • 二人の夢がそれぞれ叶ったんだから間違いなくハッピーエンドなんだけど、やるせないな。最後セブとミアの無言の見つめ合い、頷きに色々詰まっているようで…
  • 序盤の何かと衝突?していた二人も可愛らしくて好き。やはり序盤が好きだな。
  • プラネタリウムでもダンスはもう少しキレイに撮ってほしかった。なんか、きれいなんだけどなんか古い気がした。